バレエ芸術劇場

 1974年1月支部創立10周年を機会して「関西バレエ・フェスティバル」公演で支部結成以来培ってきた振付者、舞踊手、スタッフ並びに関西支部集結の力を、事業展開新企画の原動力とした「バレエ芸術劇場」は毎年1月新春恒例公演とし関西支部のメイン事業としています。

 第14回バレエ芸術劇場より、出演者選定にオーディション・システムを採用し、舞踊手自身にはより高度な研鑽の場となるように、また観客の皆様には選ばれたキャスティングによる納得のいく舞台を観ていただけるように、優れた舞台造りの展開に努めています。

 第18回より第33回までの17年間、ワガノワ名称ロシア・バレエ・アカデミー並びにマリインスキー劇場スタッフと協会関西支部との共同企画として、ロシア・バレエ・アカデミーより振付者を招聘し、数々のグランドバレエを上演。これまでに「フェアリードール」・セルゲイエフ版「海賊」など、日本初演で上演する。

 以降、国内の振付者を迎えた新しい取り組みも積極的に行っている。

公益社団法人日本バレエ協会関西支部 Wix.comを使って作成されました

072-999-9075

バレエ協会関西支部

事務局

第46回「コッペリア」写真撮影:テス・大阪